【項靭帯石灰化症】首の筋肉の中に骨ができていると告げられて震えた話

前回こちらの記事で、ワクチン接種後に頚椎ヘルニアを再発した原因の話をしました。

実はそのとき別の病名も告げられました。

それが【項靭帯石灰化症】です。

こっちの方がなんか怖い…

目次

項靭帯石灰化症とは

画像引用  The Bone Identity ~整形外科医のブログ~

レントゲンを見た先生が開口一番

「アガワさん!首の後ろの筋肉の中に骨ができちゃってるよ!」

と。

えっ?・・・

えっーーーー!!!

首の中に骨っーーー??コワイ…

“できちゃってるよ”って。

この時はもうヘルニア云々より、「筋肉の中の骨」の方が怖くて…

別名「バルソニー」とも言うらしく、もう頭の中はバルソニーでいっぱい。

項靱帯が限局性に石灰化したもので、中年以降の男性(男女比2:1)や透析患者にしばしばみられる。加齢による退行性変化と考えられており、病的意義は少ない。

項靱帯は後頭隆起から第7頚椎棘突起にかけてほぼ正中に位置する線維弾性組織で、各頚椎の棘突起を繋いでいる棘上靱帯とも連続している。側面像で明らかなように、C3-5の棘突起は短く、項靭帯の石灰化はこのレベルに好発する。

引用元:The Bone Identity ~整形外科医のブログ~

このバルソニー、治療法はなく基本放置らしいです。

名前が似ている病気で、後縦靭帯骨化症という病気もありますが、そちらは難病指定されている疾患です。わたしはこちらではありませんでした。

そのあとの先生の言葉、

「これはね、60代以降の現場監督みたいな男性に多いんだよね…あのねこれは老化なんだよね…にしても早いよね…」

わたし47歳。

でも肉体が60代現場監督の男性ということ。

肉体が60代現場監督でもなんでも構いませんが、その“現場監督” の意味があとから気になりました。

その場では驚きのあまり聞くことが出来なかった…

なので乏しいイマジネーション力で先生が言った「現場監督」の意味を考えました。

体力には自信があるので肉体労働。力仕事を続けいつしか現場監督に。そしてあっという間に60代。徐々に今までの無理が体のあちこちに出始めて、ある日首の痛みで病院ヘ。でバルソニー?

かなり雑な想像の締めくくりでしたが、先生が言いたかったことってだいたいこんな感じなのかなと。

だとしたら、わたしも肉体労働系。十分原因としてはありえます。

項靭帯石灰化症だからといって治療法は無いし、原因は老化だし、痛くなったら鎮痛剤?みたいな。

ネットにも詳しい症例や情報が無く不安はあります。

今回記事にしたのは、同じ病気?老化現象?の方はいるかなぁと思って。

あと備忘録も兼ねて。

こんなに怖がっても痛くなければ忘れちゃうもの。きっと。

なにかご存じの方がいたらTwitterに情報お待ちしております。

著:北野 武
  • URLをコピーしました!
目次