LeicaQ2が気になって仕方がない!欲しい欲しい!!

最近Leica Q2が気になってしかたありません。

X100Vを溺愛してるので、最近カメラに対する物欲はありませんでした。

たまにX100Vと見た目が似ているLeicaM10-Pの動画をYou Tubeで見ているくらい。

そして今回もカメラ関連の動画をふらふらと見ていたところ、たまたま見つけた高澤けーすけさんの【世界750台しかないカメラ買いました】を興味本位で見てしまったのがすべての始まりでした…

そこで見た【LeicaQ2 Daniel Craig×Greg Williams】がとてもカッコ良かったのです。

そう…一目惚れしました。

ええーーでも、全世界750台限定だって!!

わたしの好きなブラック&ゴールド(ベージュ)のみがカラーリングされたカメラだった…ちなみにこのブログのリンク&ホバー色もベージュカラーです。

 

その日からQ2の動画を漁る日々。(妄想でQ2を楽しみ中)

見た目もさることながら、調べるほどにスペックも好みで、いつか日かLEICAユーザーになる時のためにまとめておきたいと思いました。

【LEICA Q2】スペック

⚫フルサイズ

⚫4,730万画素

⚫防塵防滴

⚫ズミルックス f1.7/28mm ASPH

⚫クロップ可能(35mm,50mm,75mm)

⚫マクロモードあり(最短17cm)

⚫手ブレ補正あり

⚫最高ISO感度50000

なんて素晴らしい…

フルサイズ

X100Vと出会ってからセンサーサイズにこだわりがなくなりました。

むしろフルサイズもAPS-Cの写真も見分けがつかないので今となっては正直どちらでもいいんです。

でも今使っているa7lllで撮影した写真の中に、自己満足ながらゾクッとするような写真が撮れるのは、やっばりフルサイズだからなのかな…?

もしそれがフルサイズの描写力なら、是非LEICAでも体験してみたいとは思います。

高画素(4,730万画素)

高画素機は使い方によってメリットでもありデメリットにもなります。

ただLEICAQ2での場合、クロップするときに高画素というのはかなり有利だと思うのでむしろメリット。

その時は大容量のSD買う!

防塵防滴

LEICA Q2は防塵防滴なので、使えるシーンが増えてかなり嬉しい。

ほこりや水滴の侵入を防ぐ保護シーリングを施しているとのこと。

前のLEICA Qは防塵防滴ではなかったため、センサーゴミ混入問題があったみたいですが、Q2で防塵防滴になったことで心配なくなったようです。(LEICA Qの分解清掃で5万円という記事を見ました)

これはとても心強い。

ズミルックス f1.7/28mm ASPH

LEICAに興味を持ち始めてこのレンズの凄さ(価格の高さ)を知りました。

Q2購入ブログを読み漁ると、本来レンズだけでも60〜70万くらいの価値のあるものだとも書かれています。

となると、ボディは実質数万円です。(フルサイズなのに)

お買い得と捉えるか否かは考え方次第。

設計に関してはQと変わりないようですが、防塵防滴仕様に変更したことによってレンズが少しサイズアップしてるようです。

そして参考までに同じ画角のズミルックスレンズはこちらです。

クロップ機能

クロップ撮影は高画素ならではのメリット。

35mm、50mm、75mmと切り替えボタンで変更します。(Q2から75mmが追加)

撮影時に画角の変更をしてもいいし、シャッターチャンスを逃したくない場合はとりあえず28mmで撮影しといて、あとから調整しても良し。

記録画素数は、

⚫35mmでは約3,000万画素

⚫50mmでは約1,500万画素

⚫75mmでは約700万画素

 

ちなみに700万画素あればA4サイズの鑑賞は十分みたいです。

画角を4つ変えられるということは、4本分のズミルックスを装着しているのと変わらないのでは??

それは凄い!!

マクロモード

LeicaQ2画像引用  Leica公式サイト

個人的にはマクロモードを搭載しているのが1番くすぐられたところです。

マクロモードに切り替えることで17cmまで寄ることができます。(開放絞り値は自動的にF2.8に変更)

そして、マクロモードにするためには、フォーカスリングを前後に動かして切り替えるようなんですが、そのギミックもなんだかエッチでそそります。変態…

M型では難しいマクロ撮影ができるのは嬉しいポイント。

物欲名古屋人さんのこちらの動画がさらに購買意欲を刺激します。

手ブレ補正あり

大きさは犠牲になるけど、手ブレ補正は無いよりはあったほうがいい。

レンズがとても明るいので、それと合わせたらもう怖いものはありません。

Leicaのブレ写真は味!

高感度撮影も可能

最高ISO感度は50000。

どこまでが常用感度かは個人の判断になりますが、夜景や暗い場所での撮影では心強いと思います。

いつの日か、明るいレンズ・手ぶれ補正・高感度性能・防塵防滴・マクロモードの全てを駆使して、雨の夜に高感度マクロ撮影したいです。

動画撮影機能

4K動画撮影可能で、連続動画撮影時間は29分。

連続動画撮影時間は29分で、それ以上の撮影については別ファイルでの撮影となる、とのこと。

引用元 : PRONEWS

ちょっと意味が分かりませんが、高画素機で29分なら良いのではないでしょうか。

動画撮影中はフルオートになり、絞り、ISO、シャッタースピードは変えられないとのこと。

追記…ファームウェア2.0で絞り値とシャッター速度を任意に設定できるようになりました。

最新版ファームウェア ダウンロード

 

動画についての詳しい情報はあまりなかったので参考までに。

その他の細かいこと

⚫サイズ 130×80×91.9mm

⚫重さ718g (バッテリー含む)

⚫フィルター径 49mm

まとめ

ざっくりとまとめてみましたが、自分の背中を思い切り押してしまいました。

このQ2が1台あれば天候を気にせず、幅広いシーンで使える万能カメラだってことを再認識してしまったから。

 

写欲が増す、気分が上がるカメラってなかなか出会えないものです。

そんなカメラに出会ったら、そのカメラの持っている性能の中で十分に楽しめると思うんです。

それが私にとってX100Vであり、このLeicaQ2なのかもしれません。

いつかLeicaユーザーになる日まで、このワクワクを楽しみたいと思います。

 

【追記】そしてついに購入しました⬇

【LeicaQ2】一目惚れした007 “ Daniel Craig x Greg Williams ” モデルがやってくるまでの1ヶ月
LEICA Q2
FOLLOW
アガワイズ
タイトルとURLをコピーしました