X100Vに【Model V】のスクエアフードを付けたらカッコ良すぎてシビれる

LeicaQ2を購入しかなり浮かれておりますが、X100Vを蔑ろにしているわけではありません。

もうひとつの愛機であるX100Vのレンズフード選びはずっと続いている課題でもありました。

X100Vで使えるレンズフードまとめ。レンズフードでドレスアップしよう!
愛機であるX100Vのドレスアップをしようと思い一番最初に浮かんだのがレンズフード。探してみたらたくさんあったのでこの記事でひとつにまとました。 X100Vのレンズフード探しの参考になれば幸いです。

上記の記事から2ヶ月ほど経ち、この度念願のスクエアフードを新調したので簡単にレビューします。

今回レビューするのは、シビれるほどカッコいいスクエアフード Model Vです。

スクエアフードModel V 開封

スクエアフードModel Vはこちら⬇

 

いざ開封。

 

スクエアフードModel V の付属品

⚫フード本体(上段真ん中)

⚫取付スリーブ(上段右)

⚫フードキャップ(上段左)

⚫ミニドライバー(下段真ん中)

⚫取付ネジ(下段右)

 

すべてのパーツは一体となって送られてくるので、フード本体と取付スリーブをバラしてから取り付けてください。

このパーツ「えっ…これくっ付いてるの??」と驚いてしまうほど一体化しています。

あまりにも一体化しすぎていて、取付スリーブが入っていないと勘違いしてオリエンタルホビーさんにメールしてしまうほど。

翌日に電話を頂き、フード本体と取付スリーブがくっついているので確認してほしいと。

よーく見ると、、、くっ付いてるーー!!

嗚呼…確認ミス…

オリエンタルホビーさん、その節はご親切にありがとうございました。

スクエアフード Model Vの取り付け方

❶ 取付スリーブ装着

❷ フィルター装着(49mm)

こちらはフィルターを付ける方のみです。付属品には入っていませんので気をつけてください。

❸ フードのネジ止め

このフードに⬇

付属のミニドライバーを使って⬇

ネジを止める⬇

49mmフィルターと比較すると⬇

ちょうどスイカの種があったので比較してみます。⬇

かなり小さいです。

目視でネジの溝は見えません。(余談ですが、この記事の写真すべてLeicaQ2で撮ってますがマクロ機能が想像以上でビックリしてます)

オリエンタルホビーさんから言われたのは、ネジを無くさないようにフードにネジは付けたまま締めて下さいと。(もし無くしてもネシだけ販売はしてくれるとのことでした。)

注意点

わたしはX100Vを【アダプターリング AR-X100】と【プロテクトフィルターPRF-49】で防塵防滴仕様にしていましたが、こちらのフードを付けるときには、アダプターリング AR-X100は付けられなくなりました。(レンズフィルターは付けられます)

ということは、防塵防滴性能が劣ることも考えられます。

これは買ったあとに気付いたことですが、その点をお気をつけ下さい。

完成形

もう好き…

【X100V】で使えるレンズフードまとめを書いているときも、一番気になっていたフードでした。

これだけワイドオープンであれば、ケラレなどの心配はないですし、なによりカッコいい。

一番見た目が変わって楽しめるドレスアップはレンズフードではないでしょうか。

X100Vはドレスアップが捗るカメラですね。

ドレスアップしてどんどんX100Vをカッコよくしていきましょう!!

X100V
FOLLOW
アガワイズ
タイトルとURLをコピーしました